真剣な営業スタンスで法人営業をするべき

私は、企業ブランディングの法人営業をしていた経験がありますが、その際に顧客管理で悩んでしまった経験があります。
法人営業では、さまざまなお客さんを相手にしますが、顧客によっては、合わないと思うお客さんもいますし、理不尽なクレームを付けられることもあります。

私は、あるお客さんが顧客に居たのですが、その方は、買ってくれるのはいいものの、社内の誰かを紹介して、とそういったことばかりを言ってくる人でした。明らかに出会いが目的の人で、最初は冗談っぽく交わしてきたのですが、次第にしつこくなってきて、その人のいる会社に向かうことがしんどくなってしまいました。

法人営業ですので、その会社に回らないわけにはいかないですし、一人嫌な方が居ると、その会社に営業回りをすることが嫌になってしまいます。

やつあたりでクレームを付けられてしまったりすることもあり、その人一人のせいで、営業先に回ることが苦痛になってしまい、

上司に相談をしたこともあります。

法人営業ではリードナーチャリングのためにも相手の企業が何を望んでいるのか考えることが大切です。

契約してもらいたい自社の製品と商談している企業が望んでいることが上手くマッチすることで契約してもらえます。

そのため、どれくらいメリットがある商品なのか詳しく説明することが重要です。

私が思う法人営業の秘訣は本気で契約してもらいたいという熱意です。
いくつかアプローチをした企業の中から1つでも契約が取れればいいと思うよりも全ての企業に契約してもらおうという強い気持ちで法人営業をしたほうが成功しやすいです。

真剣な営業スタンスで法人営業をすることで相手の企業に熱意が伝わります。
また、ライバル業者に顧客を奪われないためにもスピード感を持って法人営業をしなければなりません。

見込みが少ない企業にいつまでも法人営業をし続けることは時間の無駄なので早めに見切りを付けることは法人営業の大事なスキルです。
私は、法人営業の経験が長いので、商談をしている企業の感触から見込みがあるかどうか短時間で分かるようになりました。

PR|住宅リフォーム総合情報工務店向け集客ノウハウ生命保険の口コミ.COMクレジットカードの即日発行じゃけんお小遣いNETお家の見直ししま専科英語上達の秘訣マッサージのリアル口コミ.comSEOアクセスアップ相互リンク集新築一戸建てを建てる時に読むサイト|会社経営に必要な知恵袋|ゴミ屋敷解消Q&A|美容と健康女性ランキング|